天晴ビジネスパートナー 履歴書の書き方

履歴書は公募する企業に対して、自分をアピールする一番最初のアイテムです。
また、公的な書類であり、ビジネス文書の一つでもあります。
採用担当者は書類の書き方も注意してみています。誤字・脱字がないように記入しましょう。


  ●履歴書を書く前に・・・

書き方のポイント
項目名 書 き 方
  日 付 「学歴・職歴」欄の年号と統一しましょう。
郵送の場合はポストへ投函する日付、持参する場合は持参する
日付を書きましょう。
  氏 名 戸籍名で正確に書きましょう。
「ふりがな」欄“ふりがな”と書かれている場合にはひらがなで、
“フリガナ”と書かれている場合にはカタカナで書きましょう。
  写 真 3ヶ月以内に写真店で撮影した写真を使いましょう。
ただし、今の髪型と写真の髪型が明らかに違う場合には
撮りなおしたほうが良いでしょう。
スナップ写真などは厳禁です。
  生年月日 日付と同様、「学歴・職歴」欄の年号と統一しましょう。
  現住所 都道府県から正確に。
マンションなどの場合には名称、部屋番号も書きましょう。
「ふりがな」欄は「氏名」欄のふりがな同様、“ふりがな”と書かれ
ている場合にはひらがなで、“フリガナ”と書かれている場合に
はカタカナで書きましょう。
電話番号などのほうが連絡がとりやすい場合は、その電話番号も
書きましょう。
  連絡先 現住所と違う場合に記入します。
  学 歴 まずは、「学歴・職歴」欄の1行目中央に“学歴”と書きます。
義務教育の小・中学校は卒業年次だけを記入。
高校からは入学と卒業年次の両方を書きます。
大学は学部・学科・専攻も書きましょう。
  職 歴 学歴から1行あけて、中央に職歴と書きます。
(株)(有)と省略せずに、株式会社、有限会社。社名、年次は
正確な表記で書きましょう。
退職事由については、会社が倒産した場合は、「会社倒産」と簡単
に書き、それ以外は「一身上の都合により退職」と書きましょう。
在職していない場合は「現在に至る」とし、「以上」で締める。
転職したことがある人は入社と退職wそれぞれ書きましょう。
所属部署や異動以外に昇進も詳しく記入。
転職では学歴より職歴が重視される為、業務の内容がわかる様な
書き方をしましょう。
  資 格 取得した順番に全てを書くのが基本です。
取得している資格や免許が多い場合には、応募する企業に関連
するものや、スキルの高さを証明するものなど、焦点を絞って
書きます。
勉強中や受験を予定している資格や免許があり、その中で企業に
アピールしたほうが有利ならば、記入しましょう。
  志望動機 志望動機は採用担当者が重要視する項目です。
自己PRと企業への熱意を伝えるような書き方をしましょう。
具体的なエピソードを交えながら、あなたの性格や特徴をアピール。
また、あなたが入社したらどのような働き方ができるのか、
会社や仕事を通じて、あなたが将来どのようなことがしたいのかを
記入しましょう。
  本人希望欄 希望職種を書きましょう。また、どうしても譲れない条件もあれば
記入しましょう。